« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月26日 (日)

とうふ炒め

toufuitame 朝から雨降り。

出かける予定をキャンセルして、一日在宅。

ありあわせメニューのとうふ炒めと、油菓子。

このあたりでは、おひなさまにお供えする菓子ということになっているんです。

3月3・4・5日には、無料で振舞うお店もあります。

http://sk.aitai.ne.jp/~sinanoya/lady/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

水仙が咲いてきました。

suisenki 黄色い水仙。

白い水仙や、八重のもあります。

来た時に、庭のぞいて見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

新・無農薬野菜セット

3月9日に届きます。

サンプル見て、よろしければ、4月から隔週の配送になります。

見に来てください。ご注文の方はお早めに。

前回より、少し少量のミニ版になります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

月1回の米の配送日

今日は朝から雨です。

米の配送日としては、あまり歓迎されないお天気です。

でも、湿った空気が、春の雨のように温かい。春はすぐそこかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

白い人参でしんしんしん

ninjin ブロッコリーの芯、キャベツの芯、白菜の芯、それに人参の肉野菜炒め。

この人参白いので、色がいまいち。

色取りにはちょっと向きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

こだわり農場からサンプル

kodawarinoujouyasaiset 音羽のこだわり農場から野菜セットのサンプルが届きました。

大根、人参、白菜、キャベツ、ネギ、里芋、人参、写真には入って無いけど、プチトマト。

結構量あります。

他に、もうひとりの生産者の葉物いろいろ。小松菜、ミブナ、大阪菜、雪白体菜(シャクシナ)、静岡京菜など。これも、あまりお馴染みで無いけどいろいろ入っていますね。

nappa-toyohasis

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年2月 7日 (火)

地産地消のススメ

tisantishou

愛知県で活動している消費者・生産者・流通のグループで構成する「考える中部の会」では、安全な学校給食の運動に取り組んでいます。 地産地消で安全な食材を、学校給食に使ってほしいとの願いを、

愛知県に申し入れの相談に、県会議員のところに行ってきました。

学校給食の主食については愛知県が供給しています。お米は県内産を使っていますが、パンの原料になる小麦はポストハーベストの心配のある外国産がほとんどです。岐阜県では、岐阜産小麦を50%使用ということで、試食もしながらの陳情。食べ物については、遺伝子組み換えについても実績のある議員、さすがに理解が早く、今後の方向性についても、よりベターな方法も示唆していただきました。今後は、愛知県農政部、教育委員会、学校給食会への申し入れ、質問書の準備ということになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

取り扱い品1 とうふ

saradaboru 日本で2番目に美味しい(らしい)三之助豆腐。

国産大豆に天然にがりの本物の豆腐。豆の味がしてます。

その豆腐で作ったアゲも、これまた、うまい。

人気商品ですね。

自然食流通業の「さらだぼ~る」さんが持ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朗報!

成瀬さんのお野菜が中止になって寂しくなっていますが、

音羽のこだわり農業やってるしんじさんが、いい話を持ってきてくれました。

来週、サンプルが届きます。

音羽米日記

http://blog.goo.ne.jp/otowamai/e/ff767d2f41009244bba6477e727a65d7

| | コメント (1) | トラックバック (0)

手作りパン

pan ホームメイドいとさんの手作りパン。

焼き立てでもってきてもらうので、まだほかほかしています。もちろん無添加です。

きょうは、左から、ヘーゼルナッツパン、(2列)おいもパン(2列)、チーズクリームパン、(1列)、コーンパン(上)、ミルククリームパン(下)

写真のほかに、シナモンパン、杏仁豆腐、チョコチップが来ています。チョコチップパンは大人気で、もう売り切れです・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »