« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

白い肌

きれいな大根いらっしゃいました(^-^)v

ありがとう~♪

今おなべでコトコト煮ていますよ。

サラダに、寄せ鍋、ふろふき、おでんに、味噌汁、蒸してバターソテー仕上げにちょいしょうゆ味で081129daikons も美味しいですよ。

 081129daikon2sjpg 瑞々しくてすぐ軟らかく煮えました。美味!

にほんブログ村 ランキングに参加しています。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

旬を食べる意味

普通にお買い物に行くと、季節に関係なく一年中野菜や果物は豊富。

海の向こうから、沢山の食べ物を輸入している国にいると、「旬」って何?て思いますね。

冬には体を温めたいのに、体を冷やす働きのある夏の野菜を食べることで

体調を崩したり、免疫力が低下したりしていませんか?

旬の食べ物が美味しいのは、自然と体が求めるものが含まれているからかもしれません。

もちろん、提供する側も、管理や輸送にエネルギーを使うので、経済的でもないしエコロジーとも言えませんね。

寒くなって、部屋にヒーターを入れる頃になると、

地場野菜たっぷりの牡蠣鍋が食べたくなりますなぁ・・・Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

おなべの季節に

Saeadaboru1127sほかほかの湯豆腐や関東煮の具に

豆腐・練り製品をお勧め。

スーパーなどの廉売品との違いは、素材の確かさ。

国産無農薬原料の大豆や、天然にがりを使用した豆腐や

混ぜ物(増量剤)しない練り製品は、味が違いますね。wink

取り扱い品の一覧写真アルバムはこちら

にほんブログ村 ランキングに参加しています。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

葉物のメニュー

野菜セットに葉物が多くって

でも早く食べないと、しおれてしまう。

たいてい、お鍋に入れますが、レタスはお鍋向きじゃないのでdelicious

さっとバターでソテーしてかつお節で和えてみました。

なかなかイケます。見た目の量がぐっと減るので

思いのほか食べちゃいましたww

Retasuitames

具沢山のおつゆにも、野菜いっぱいです。今日は大根・とうふ・えのきに菊菜入れました。

にほんブログ村 ランキングに参加しています。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

北風吹いてきた

ここのところ、急に冷えてきました。やっぱり11月も下旬になれば霜もおりるくらい。紅葉もきれいになってきてますね☆

さて、本日の野菜セットは、盛りだくさん。happy01

注文の方は、大きいカゴか袋をご用意くださいね。081120s 葉物たっぷりで、ビタミン摂れますね。体調整えていつも健康。

旬の野菜セット内訳: チンゲンサイ、赤大根、わさび菜、本ゆず、ミニトマト、大根、キャベツ、里芋、ネギ、水菜、春菊、ほうれん草、レタス

昨日最終のキウイが届いたところです。こちらもよろしく。

にほんブログ村 ランキングに参加しています。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

笑っています(^-^)

キウイがなんだか笑っているように見えませんか(^-^)

おいでをお待ちしてますよww

今年最終になります。Kiuiww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

フルーティーな香り

今、注文のりんご(めぐみ)とキウイの香りが、紅茶とともに部屋いっぱいに広がっています。08megumis 白く見えるのは農薬でなく、ボルドー液といって石灰です。表面を拭くか洗えば落ちます。

即売分も余分に取ってありますので、どうぞ早めにお出かけくださいね。

安心な食べ物が手に入る幸せ。さて、野菜は鍋のできそうな素材ですね。

小松菜、ミニトマト、サツマイモ、水菜、サトイモ、ほうれんそう、かぶ、チンゲンサイ、大根、わさび菜、レモン、しょうが081106_s

もう冬の鍋の材料がでてきました。寒い日は野菜たっぷりの鍋でホカホカになりましょう。そろそろ室内履きも出さなくては・・・と思っているこのごろ。

にほんブログ村 ランキングに参加しています。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »